痛くない 脱毛器

痛くない脱毛器がほしい

悩む

 

「脱毛器が欲しいけど、痛みが心配・・・・」

 

「痛くない人気の家庭用脱毛器っていったいどれなの?」

 

こんな悩みをお持ちではありませんか?

 

 

当サイトの管理人である私自身も、敏感肌で痛みに弱く、脱毛器の商品選びには苦労した経験があります。

 

家庭用脱毛器となると、高い買い物ですし、痛みや肌トラブルに関して自己責任となってしまいますので、

 

数ある商品の中から何を選ぼうか迷ってしまいますよね。

 

そこで!

 

この記事では、痛みが少なく効果的に脱毛するための、商品選びのポイントと、痛みを軽減するための脱毛器の使い方のコツについて、わかりやすく解説していきます。

 

この記事を最後まで読めば、あなたは最小限の痛みストレスで脱毛を完了することができるでしょう。

 

 

痛くない脱毛器選び、3つのポイント

選ぶ

では、さっそく痛みの少ない家庭用脱毛器の商品選びのポイントについて解説していきましょう!

 

フラッシュ式の脱毛器を選ぶ

市販の家庭用脱毛器には、フラッシュ式、レーザー式、サーコミン式、といった脱毛方式がありますが、最も痛みが少ないのはフラッシュ式脱毛器といわれています。

 

フラッシュ式脱毛(別名:光脱毛)は、毛根部分の黒いメラニン色素に反応する特殊な光を照射することで、毛を生やす工場である毛乳頭にダメージを与えることで、毛を生えなくさせる方式です。

 

レーザー脱毛も、仕組みとしては同じですが単一波長で熱を一点に集中させるため痛みが強いといわれています。(ただし、その分脱毛効果が高い)

 

サーコミン式脱毛器に関しては、無痛ですが、厳密には脱毛効果が得られないので、ここでの説明は割愛しておきましょう。

 

さらに、家庭用のフラッシュ式脱毛器は、安全性を担保するために脱毛サロンで使われる機械よりも出力が弱めに設計されています。

 

そのため、家庭用脱毛器は脱毛サロンよりも時間はかかりますが、痛みが少ないのが特徴です。

 

もし、あなたが痛みに弱いということであれば、フラッシュ式の家庭用脱毛器を選ぶのが正解です。

 

 

照射レベルの設定が多い方がよい

市販の家庭用脱毛器の多くは、照射部位や毛深さによって、照射レベルを設定できるようになっています。

 

照射レベルを高く設定すれば、脱毛効果が高くなり、その分痛みも増すということになります。

 

毛の太さや、痛みの感じ方には個人差があるので、脱毛効果と痛みを天秤にかけながら、ご自身にあったレベルを探すわけですが、

 

この時に、照射レベルの設定が多い商品が重宝します。

 

照射レベルを細かく設定できれば、脱毛効果が得られて、なおかつご自身が我慢できる程度の痛みの照射レベルに設定しやすくなります。

 

価格が安い、ハンディタイプの脱毛器ですと、3段階程度しか設定できず、「照射レベルを上げると痛くて使えない」というようなこともありますので、値段だけを見て商品を選ぶのはあまりお勧めしません。

 

痛くない脱毛器を探しているのであれば、少なくとも照射レベルを8〜10段階で設定できる商品が望ましいですね。

 

 

照射範囲の広いカートリッジ

痛くない脱毛器というと、痛みの強さだけに目が行きがちですが、実は照射回数も、とても重要です。

 

単純に照射回数が少ないほど、痛みを感じる回数は少ないので、より効果的で痛みストレスが少ないといわれています。

 

照射範囲の広いカートリッジであれば、一度に照射できる範囲が広いため、照射回数を減らすことができますね。

 

逆に照射範囲が狭いと、何度も照射しなければいけないので痛みが長く続いてしまいます。

 

とはいえ、顔やデリケートゾーンなどの狭い範囲の脱毛をする際には、照射範囲が広いと、やや不便ですよね。

 

なので、いろいろなタイプのカートリッジを交換できて、照射範囲を脱毛部位によって変えられる脱毛器だとベストです。

 

 

痛みが少ない脱毛方法

脱毛

痛くない脱毛器選びも大切ですが、脱毛の際に痛みを少なくする工夫も大切です。

 

とくに、自宅で行うセルフの脱毛ですと、知らず知らずのうちに痛みの感じやすい方法で脱毛してしまっている場合があるので注意が必要!

 

まずは、脱毛の際に痛みを軽減するポイントを押さえておきましょう。

 

しっかり冷却する

 

フラッシュ式脱毛器では照射部位を冷却することが一般的ですが、

 

「フラッシュ式脱毛器が痛い」という人の多くは、冷却の方法が間違っています。

 

大切なポイントは、キンキンに冷えた保冷材で1発の照射ごとに、しっかりと冷却するということです。

 

全体的にサッと冷やしただけでは、体温はすぐに戻ってしまい、冷やした意味がなくなってしまいます。

 

1発の照射したら、次の照射のためのエネルギチャージの時間がありますから、この時間を利用して、

 

次の照射部位を、感覚がマヒするくらいまで冷却するとよいでしょう。

 

そうすることで、かなり痛みが軽減されます。

 

 

肌のコンディションが良い時に脱毛する

実は肌のコンディション脱毛時の痛みと深くかかわっています。

 

例えば、乾燥して肌荒れてしていたり、日焼けして肌が紫外線によるダメージを受けているときなどは、

 

照射時の痛みが増すといわれています。

 

ですので、肌のコンディションが悪いと感じたときは、脱毛を避けるように心がけてください。

 

特に、女性であれば、肌の状態が不安定になる生理中などはは避けた方がよいでしょう。

 

 

痛くない家庭用脱毛器の人気商品は?

脱毛

ケノン

痛くない脱毛器として最も人気が高い商品といえば、やはり「ケノン」ですね。

 

照射範囲は9.25?と広く、出力設定も10段階で調節可能ですので、弱い出力から徐々に上げていくことが可能。

 

最大限痛みに配慮した家庭用脱毛器といえるでしょう。

 

何より日本製の商品で安心して使用できます。

 

ケノン公式サイト>>

 

2PSクリスタル

リーズナブルな価格でありながらハイスペックな脱毛器です。

 

照射範囲も7.04?と広く、出力設定も8段階で調節可能。

 

さらに、1発の照射を4発に分けて照射することで、肌への負担と痛みストレスを軽減させる連射モード搭載。

 

2PSクリスタル公式サイト>>

 

レイボーテグランデ

皮膚科医による肌への安全性を確認済み。

 

自宅で本格サロン級のフラッシュ式脱毛が可能な商品です。

 

最大の照射範囲は、なんと!12.0?と最大。

 

しかも、カートリッジがカスタマイズ可能で、広範囲から狭い範囲まで多種多様な脱毛が可能。

 

価格は高いですが、最高峰の家庭用脱毛器です。

 

レイボーテグランデ公式サイト>>

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ここまでの内容をまとめると、痛くない脱毛器の条件は、

 

  • フラッシュ式脱毛である
  • 出力設定が多い
  • 照射範囲が広いカートリッジ

 

さらに、痛みを軽減するための対策として、

 

  • 1発の照射ごとにしっかり冷却する
  • 肌のコンディションを考慮して脱毛する

 

ということでしたね。

 

安心して利用できる脱毛器を選んで、正しく使用すれば、痛みストレスが少なく脱毛ができると思います。

 

脱毛器の使用頻度などについて詳しく知りたい場合はコチラのページを参考にしてみてください。

 

この記事が、あなたの脱毛器選びに少しでも役立つよう願っております。